CHECK

カナダのワーホリを詳しく知りたい!現地情報や保険の手続き・費用など基礎知識を解説

このサイトではワーホリでカナダを滞在先に検討している方が活用できる基礎知識を御紹介しています。
アメリカが近いわりには緑豊かで、治安状況もそれほど劣悪でないことも人気を集める理由です。
数ある英語圏の中でも語学を習得できる環境が充実していることもあり、英語力を高めたいかたにはおすすめのエリアと言えます。
しかし日本とは異なる社会であることや、医療費が高額になるため事前に保険加入を進めておくなど、事前準備を怠らないことが大事です。

カナダのワーホリを詳しく知りたい!現地情報や保険の手続き・費用など基礎知識を解説

カナダをワーホリ先に選ぶ方が多いのは、同じ北米であるアメリカほど治安が悪くないことが理由になっています。
とはいえ日本と比べると犯罪件数が多いのは明らかで概ね5倍にのぼり、薬物犯罪が多いなどの治安状況にあるのも事実です。
またカナダのワーホリ費用も確認して、資金を用意しておく必要があります。
現地では一月あたりの平均生活費は8-9万円程度、万が一病気やケガをした場合に備えてワーホリ保険などの加入も必須なので余裕をもった資金計画を立てることが求められます。

カナダのワーホリで最もポピュラーなのはバンクーバー

カナダのワーホリ先で、最も多いとされる渡航先がバンクーバーです。
日本と同じく四季が存在しており、世界一住みやすい街に選ばれたこともあります。
他の国々の都市と比べて治安が良く、危険な国に慣れていない日本人でも安全に生活できる都市です。
バンクーバーがワーホリ先に選ばれる理由に、さまざまな仕事先が用意されていて就労しやすい点が挙げられます。
同じ雇用主のもとで働ける期間についても、就労制限はないため色んな職場を体験できる点も魅力です。
国際的な映画制作会社があるため、映画の街とも呼ばれています。
撮影地になっている場所が多いほかに、カフェが多いのもその特色です。
放課後に友人とカフェで話したり、そこで出会った人と会話したりと英語を使うシーンが多いのもメリットです。
また周辺には観光地、アクティビティーが多い点も特筆すべきポイントと言えます。
少し離れた郊外には、歴史が深いキャラピノ吊り橋があり観光を楽しめます。
この他にトロントよりも冬の寒さが厳しくなくて、日本からの飛行機の運航数が多いこともメリットです。

トロントやモントリオールもカナダのワーホリの渡航先の中では人気

ワーホリは働きながら学ぶことができるため様々な国の文化を体験できるものと注目されていますが、これまでアメリカやイギリスなどといった英語圏に渡航する人が多く、その他の国はあまり対象とはなっていないことが多かったものです。
これは語学留学をする人のほとんどがアメリカやイギリスに注目していることから発生した現象となっていましたが、最近ではカナダやオーストラリアといった純粋な英語圏ではない地域に留学をする人が増える傾向にあり、そのためこの地域がワーホリの渡航先で人気となっています。
トロントやモントリオールは非常に有名な都市でもあり、その雰囲気を満喫するには良い地域となっているのが特徴です。
日本人が働くことができるところも数多く存在しており、様々な仕事があるのもポイントです。
語学留学をしている人も増えていることから現地で日本人に出会うことも多く、非常に自由な雰囲気で貴重なワーホリの期間を過ごすことができるものと注目されています。

カナダはワーホリ目的の他にウィンタースポーツも楽しめる

語学力アップなどワーホリのメインの目的とは別に、観光やウィンタースポーツを楽しめるのもカナダの良いところです。
中でも日本人観光客に人気のある、海と山に囲まれた自然豊かな都市・バンクーバーがおすすめです。
市内で雪が降るのは年に2〜3回程度ではあるものの、近郊の北側と西側には3つもスキー場があります。
いずれもアクセスが良い場所にあり、特にダウンタウンからは日帰りで楽しめます。
2010年の冬季オリンピックの開催地だったこともあり、全世界からの注目が集まる都市です。
特に世界的なスキー場・ウィスラーも近郊にあり、バスで約3時間程度の距離です。
スキーやスノーボードなどが好きで、ウィスラーで働きながら過ごすためにワーホリ先にバンクーバーを選ぶ方も少なくありません。
またバンクーバーに関してはスキー場だけでなく、アメリカへのアクセスが容易という利点も備えています。
最も近いのはワシントン州の都市シアトルで、車で約4時間20分ほどでアクセスできます。

カナダのワーホリで仕事を探しやすいのは夏と冬

カナダのワーホリ先として人気のあるバンクーバーは、日本人観光客が多いからでありその分仕事先を見つけやすくなっています。
大都市トロントでも見つけやすいものの、英語力を試される都市でもあります。
そんな中で、バイト先が見つかりやすい時期に挙げられるのが夏と冬場です。
さらに言えば冬場はクリスマスが穴場で、カナダはクリスマスを盛大に祝う国民性にあるからです。
家族全員がそれぞれの分のプレゼントを購入したり、他にもニューイヤーパーティーなど行事が多く、購買意欲が高まる季節として知られています。
夏に関しては、7月と8月に高校が夏休みに入るため購買意欲が高まります。
そのためこの2つの時期に目がけてワーホリを開始させると、非常に良いです。
具体的にはジャストの季節ではなく、前もって4ヶ月くらい前から行動すると良いでしょう。
2月末や3月初頭からワーホリをスタートさせて、3〜6月の4ヶ月間を語学力アップと仕事を探す期間に充てるのがおすすめです。
11月を目指してワーホリを開始するなら、こちらも4ヶ月前の7〜8月からが良いです。

ワーホリに関する情報サイト
ワーホリの基礎知識

このサイトではワーホリでカナダを滞在先に検討している方が活用できる基礎知識を御紹介しています。アメリカが近いわりには緑豊かで、治安状況もそれほど劣悪でないことも人気を集める理由です。数ある英語圏の中でも語学を習得できる環境が充実していることもあり、英語力を高めたいかたにはおすすめのエリアと言えます。しかし日本とは異なる社会であることや、医療費が高額になるため事前に保険加入を進めておくなど、事前準備を怠らないことが大事です。

Search